Facebookと同等なサービスであるGoogle+ですが、ユーザー数は伸び悩んでいます。
しかし、以前は実名登録が必須でしたが、方針転換で任意の名前での登録が解禁されました。

この転換でユーザー数が増える可能性が高いと思われます。
また、Googleマップで会社住所を登録するにはGoogleマイビジネスへの登録が必要ですが、Google+で会社ページを作りながら登録できるので一石二鳥です。

では登録していきます。

1.Google+の個人アカウントを作る

GoogleへログインしてメニューからGoogle+をクリック。

googleplus-01

友達の追加は後回しで、「続行」をクリック。

googleplus-02

フォローする相手も後回しで「続行」。

googleplus-03

プロフィールも後回しで「完了」。

googleplus-04

2.会社用Google+ページを作る

左側のメニューから「ページ」をクリック。

googleplus-05

「ページを作成」をクリック。

googleplus-06

該当の業種を選択します。
今回は「ブランド型」で登録してきます。「実店舗型」で登録するとGoogleマップで住所登録できます。
Googleマップの登録は別の機会があれば紹介します。

※業種は後から変更できません。慎重に選んで下さい。間違ったら作り直しになります。

googleplus-07

ページ名、ウェブサイト、ページの種類を設定し、ページ利用規約確認し問題なければチェックします。
「ページを作成」をクリックして完成です。

googleplus-08

自動的にGoogleマイビジネスへ登録されます。
どちらでもいいですが、とりあえず「使ってみる」をクリック。

googleplus-09

Googleマイビジネスの設定画面になります。
右上の「編集」をクリック。

googleplus-10

Google+ページになりました。
プロフィール写真とカバー写真を設定していきます。
プロフィール写真のところから写真をアップロードします。

googleplus-11

アップロードが完了すると、その写真で投稿する画面がでてきます。
ついでなので、初投稿してみます。キャンセルでも大丈夫です。

googleplus-12

プロフィール写真とカバー写真の設定が完了したら、自己紹介を登録していきます。
基本情報から自己紹介の「編集」をクリック。

googleplus-13

キャッチフレーズと紹介文を素敵に書きます。
必要であれば連絡先情報も登録しておきます。

googleplus-14

続いてGoogle+ページのURLを分かりやすいものに変更します。
画面上にポップアップで「ページにカスタムURLを使用できます」と表示されています。

表示されていなければ、リンクのなかにもあります。
どちらでもいいので、「URLを取得」をクリックします。

googleplus-15

希望のURLを入力します。
Facebookページのように完全オリジナルではありません。
利用規約を確認して、「URLを変更」をクリック。

googleplus-16

リンクの中に先ほど設定したURLが表示されていればOKです。
表示されていなければ、一度ログアウトしてログインし直してください。

googleplus-17

以上で設定は完了です。
お疲れ様でした!

3.Google+で友達を見つける

Google+はFacebookのように友達申請して相手が承認する手順ではありません。
Twitterのように好きな相手を見つけて、サークルに追加していくのです。

サークルとは自分の友達リストです。
なお、Google+では追加した友達は必ずサークルを設定して管理します。
特定のサークルのみへの投稿などもできます。

では、友達を探してみます。
左側のメニューから「フォロー・サークル」をクリック。

30

表示されているユーザを追加してもOKです。
今回は一番右の「おすすめアカウント」をクリック。

ズラーっと一覧表示されます。
気になるユーザをサークルに追加します。

今回は、全員を追加してみます。
「全員をフォロー」をクリック。

31

ポップアップが出てきます。
こちらに記載されている「ハングアウト」とはユーザーとのコミュニケーションツールのことです。

ハングアウトで交流しよう。 メッセージの送受信はもちろん、無料のビデオ通話や音声通話、1対1のチャットやグループチャットなど、さまざまな方法でコミュニケーションを楽しめます。 ハングアウトとテキストメッセージ(SMS/MMS)の両方を送受信でき、メッセージタイプも簡単に切り替えられます。

32

サークルに追加すると、Google+ページの「あなたのサークル内」に表示されます。

32.5

今度は、親友を探してみます。
検索バーに親友の名前を入力して検索します。

33

たくさん出てきました。
Google+は実名でなくても登録OKなので、有名人はアカウントがいっぱい出てきます。

どれが本当のアカウントなのか判別できません。
そんな時は親友のGmailアドレスで検索すれば一発です。

残念ながら親友のGmailアドレスを知らないので今回は諦めます。
ちなみに、ユーザーの下にある「フォロー」はGoogle+ページ。「追加」は個人アカウントになります。

3.1サークルで友達を振り分ける

友達が増えてくると、誰が誰だか分からなくなります。
デフォルトで用意されているサークルだけでは管理できなくなるので、事前に自分で分かりやすいサークルを作っておくことをお勧めします。

左側メニューの「フォロー・サークル」から「あたなのサークル」に今まで追加されたユーザーが表示されています。
その下にサークルが表示されています。

オリジナルのサークルを作るには「灰色の+」をクリックして下さい。

34

サークル名と必要に応じて説明を入力します。
あとは「空のサークルを作成」で完了です。

35

作成したサークルへユーザを追加するにはユーザを該当のサークルへドロップするだけです。

36

4.Google+ページのフォローボタンを設置しよう

ホームページなどと連携して作成したGoogle+ページのファンを増やしましょう。
フォローボタンの設置は簡単です。

Google+ Follow Buttonのサイトへアクセスします。

「Google+ユーザー」では個人アカウント、Google+ページを切り替えられます。
「ボタンのサイズ」で大きさを変更できます。

レビューが表示されるので、お気に入りのボタンを設定します。
コードが自動で表示されるので、それをホームページへ追記するだけです。

コードに書かれていますが、スクリプトは head 内か、body 終了タグの直前に追記します。
そして、実際に表示させたい場所に<div>で囲まれたコードを追記します。

37

【編集後記】

Google+はユーザー集客では現在のところ非力ですが、Googleマップ利用を考えるなら必須登録です。
今後、ユーザー数が増えることを見越して設定しておいて損はないです。

ただし、Google+は、ほぼFacebookと同じ使い方なので地道な運用が必要になります。
SNS関連はできるだけ早めに設定することをお勧めします。

Sponsored Link