満月がきれいな夜です。

人類はいつになったら宇宙で生活するようになるんでしょうか。ガンダムのようにコロニー生活する予定なら、今のうちに月を買っておくのもいいですね。

moonbuy

月の不動産が買える

何かの詐欺じゃないかと思ったのですが、本当に買えちゃいます。申し込みを行うと月の土地の権利書を持つことができます。

宇宙詐欺じゃないのか?

そもそも月というか、宇宙は誰のものなのか決まっているんでしょうか?正解は決まっていません。・・・じゃ、やっぱり詐欺じゃないかというと完全なる詐欺じゃありません。

1967年に「宇宙条約」なるもので「宇宙は誰のものでもないから国が勝手に所有できません」と決めました。そこで”国”じゃなきゃいいんでしょ?という発想で勝手に売り出し始めたのがアメリカのルナ・エナジー社です。

1996年からアメリカで販売開始されると1エイカー(約サッカーグランド1つ分)2,700円という安さから誕生祝、結婚祝いなどで人気が出て全世界で600万人以上、10億円以上の売り上げをあげています。

トム・クルーズ、ブッシュ元大統領などの有名人も購入しています。

今のうちに買っとけば将来大富豪になれる?

本当に月に住むような時代になったら、今のうちに沢山買っとけば将来大富豪になれるかと思いましたが、それは難しいようです。

1984年に「月協定」なるもので、国だけじゃなく民間企業、個人が月の資源・土地の所有を禁止しています。(罰則などはなく拘束力はない)

また、会社ホームページのFAQに”日本の不動産と同じように考えるのは無理な商品と考えています。”と記載されています。

あくまで夢のあるアメリカンジョークな商品ということでしょう。

【編集後記】

ユーモア溢れるアイディア商品で素敵だと思いましたが、妻に相談したら速攻却下されました。現実の世界は厳しいです。

Sponsored Link