子供たちの「どこか行きたいよー」攻撃がきたので、いちご狩りに出かけてきました。

近場にもいちご狩りできるところはあるのですが、観光気分を味わいたいので秩父にある「おきうね農園」さんにお邪魔しました。

雰囲気よし、ジェラートよしの「おきうね農園」さんを紹介します。

おきうね農園でできること

いちご狩り

IMG_0721

これがメインになります。「紅ほっぺ・やよいひめ・かなみひめ・とちおとめ」を楽しめます。3月5日に行ってきましたが、十分に甘くて美味しかったです。旬を極めるなら3月月末~4月上旬が狙い目です。

美味しいイチゴの見分け方は赤くて大きいことです。真っ赤でも小さいと糖度が低かったりします。甘酸っぱい方が好みの人はあえて小さくて赤いイチゴを選びましょう。

料金は大人一人1,500円。小学生以下800円で30分食べ放題です。1歳半の末っ子は無料でしたが、結構食べてました。
※時期によって多少の金額変動があるので公式サイトでご確認ください。

ヤギにえさやり

白ヤギさんと黒ヤギさんがいました。いちご狩りをするビニールハウスでエサの販売をしています。エサ代100円です。子供たちはハマってしまい数回エサを買いに行かされました。

DSC02729

手作りジェラート

おきうね農園さんが全面アピールしている手作りジェラート。シングル300円、ダブル350円。10種類ぐらいのメニューがありますがミルクとイチゴミルクを食べてみました。

手作り感がバリバリ伝わってきます。ミルクはしつこくないサッパリした甘さ。イチゴミルクは甘酸っぱさがイチゴそのものでした。

IMG_0730

ジェラートを販売している休憩場所では普通に食事もできます。焼きおにぎりがおすすめ。ちょっとしたお土産も販売しています。
※いちご狩りの受付はこちらではなく、ビニールハウス内になります。

IMG_0717

おきうね農園へのアクセス

車の場合、関越で花園からR140で秩父にくるのがセオリーですが、結構渋滞します。寄居から皆野寄居有料道路(420円)使うと全然違うのでおすすめです。
ナビで「おきうね農園」で出てきましたが、住所は埼玉県秩父郡横瀬町横瀬3128です。

電車なら西武秩父線の横瀬町駅で下車して徒歩30分程度なので、ちょっとしたハイキングにいいかも。

公衆トイレと「手作りアイスクリーム」の看板が目印。

IMG_0723

IMG_0714

編集後記

混み具合って結構大切です。おきうね農園さんは混み過ぎず、少な過ぎずゆっくりできます。食事処の小屋がいい雰囲気を演出します。サクラ満開の時期に電車→ハイキング→アイス→いちご狩りがベストコースかもしれません。

近くに芝桜で有名な羊山公園があります。サクラ満開ならこちらもおすすめ。(大人のための公園です。子供が遊べる遊具は少ないのでご注意を)

Sponsored Link