3月29日からプレステVRが34,980円(税抜き)のお買い得価格になりました。2016年10月13日に発売されたPSVRですが、発売開始当初は49,980円だったので15,000円の値下げです。(2017年10月に5,000円の値下げもありました)

ゲームの世界に入れる夢のゲームマシン。生きている内に絶対やっておきたい経験と言ったら大袈裟ですが、これをやらずには死ねないレベルの最高峰の娯楽です。

VRとは

VRとはバーチャルリアリティの略で仮想世界が現実のように体験できるシステムのことです。アニメ、マンガの世界に入り込む、空を飛ぶ、魔法を使うなど少年少女の時に夢でしか体験できなかった事がいつでも体験できるようになったのです。

プレステVRについて

プレステVRって品薄で買えないんじゃなかったけ?

2016年10月13日に発売された頃はどこも売り切れ状態でしたが、現在はどこのオンライショップ、実店舗でも取り扱っています。今回値下がりしたプレステVRは新型なので、購入する時は型番、発売日に注意して下さい。

型番:CHU-ZVR2
発売日:2017年10月14日

プレステVRでゲームをするのに必要な周辺機器

プレステVRでゲームするには最低限、以下の3つが必要です。

  • プレステ4
  • プレステVR
  • プレステカメラ

プレステカメラは位置情報を認識するための装置ですが、「PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版」を購入すればOKです。プレステ4の本体は別途必要になります。プレステ4も品薄状態でしたが、現在は普通に購入できます。

ソニーストアで新品で購入するならプレステ4とプレステVRで64,960円(税抜き)です。※プレステ4が500Gの場合

プレステVRは買い時なのか?

値段的にはお買い得感が出てきたプレステVR。値下げがなくても性能、価格面から他のVR機器と比較して圧倒的コストパフォーマンを誇っていました。それでも安い買い物ではありません。様々な観点から検討してみました。

VR対応ソフト販売状況

プレステ4で発売されているゲームが全てVR対応なわけではありません。現在VR対応のゲームは130タイトルです。でも実際に売れているVRタイトルはバイオハザード7ぐらいです。プレステVR発売から約1年半経過しているのにビッグタイトルは中々VR対応のゲームソフトを発表してきません。

今後のプレステVR値下げ予想とプレステ5発売日予想

プレステVRは発売から約1年半で15,000円の値下げを実施しましたが、過去にプレステ3の値下げを参考にして今後の値下げ予想してみました。

プレステ3は2006年11月11日に発売され、発売価格は49,980円。最終モデルが2017年5月に出荷完了で発売価格は28,058円。その差額は21,922円。

プレステ3は約11年生産されて、約2万円の値下がり。プレステVRは約1年半で15,000円の値下がり。値下がり幅だけで考えると、しばらくは大幅は値下がりは考えにくいですね。

次にプレステ5の発売時期について。プレステ4が発売されたのは2013年11月15日。プレステ3発売から約7年後です。単純計算だとプレステ5の発売日予想は2020年11月となります。あと2年半・・・。

今回のプレステVR値下げで買うべき人

既にプレステ4を持っている人なら購入してもいいんじゃないでしょうか。今回の大幅値下げは大変お得だと思います。

まだ、プレステ4を持っていない人はあと2年半待ちましょう。ゲームタイトルが不足している点、VRの技術が完成形ではない点からそう思いますが、人生何があるか分からない。後で後悔するよりも買っちゃうか?

【編集後記】

私はソニーライクですが、プレステVRは流行しないと思っています。プレステVRじゃなくて、VRのゴーグルは一般に流通するには大き過ぎます。VRゴーグルの革新的進歩が待ち望まれます。でもやりたい・・・。

Sponsored Link