1999年に公開された「マトリックス」という映画をご存知の人も多いことでしょう。当時のSF映画の最先端で今見ても面白い映画です。

「マトリックス」の登場人物のほとんどがサングラスをかけている独特な世界観が素敵でした。若い人には不定期でテレビ放送されている「逃走中」のハンターの方がしっくりくるかもしれません。

そんな近未来サングラスをアメリカの音響機器開発会社のBose(ボーズ)が2019年1月から発売開始します。

bose-frames01

出典:Bose

今回発売される「Bose Frames」は丸形と四角型の2タイプ。極小のスピーカーとマイクが内蔵されていてサングラスで音楽を聴いたり、電話する事ができます。サングラスで音声と聞いて気になるのが音漏れだが、Boseはプライバシーを守ると豪語しているそうです。

bose-frame02

重量は45gで一般的なサングラスと変わりありません。値段は199.95ドル(約22,500円)とお年玉価格だ。

誰もがスマホを持っているように、誰もがサングラスをする時代がくるのかもしれません。

サングラスが似合わないなら肩掛けも

日本人はサングラスの似合う人は少ないです。そんな人には肩掛け型のスピーカーもあります。外出先で使うには厳しいか。

【編集後記】

田舎ではイヤホンで音楽を聴きながら大声で歌っている人が結構います。そんな彼らに是非ともこのサングラスを愛用してジャイアンよりも酷い歌声に気づいて欲しい。

Sponsored Link