10月25日にGalaxynote9が発売されました。Galaxynote8をこよなく愛する私がGalaxynote9と比較して買うべきか否か勝手に判定します。

Galaxynote9が欲しくなるポイント

note8と比較して変化が感じられるのはカメラとバッテリー機能だけです。言い方の問題ですが、note8は既に満足できるスペックと機能なんです。

Galaxynoteシリーズの代名詞であるSペンはnote8で完成されたと思っています。SペンがあるだけでGalaxynoteを買う価値は十分なんです。そこへちょっと物足りなかったカメラ、バッテリー機能がパワーアップしたという事です。

暗いところでも明るく撮れるカメラ

カメラに絞り調節機能がついたのは驚きです。この機能によって暗い場面でも明るく撮影する事ができます。実はnote8発売時も”暗いところでも明るく撮れる”をうたい文句にしていましたが、感動するような明るさではありませんでした。

参考記事:Galaxy-note8カメラレビュー。背景ボケをミラーレスと比較してみた

でもnote9はF値1.5とF値2.4の切り替え可能な広角レンズを搭載しています。note8の広角レンズはF値1.7でした。(F値が小さいとより多くの光を取り入れて明るく撮影できます)

さらにHDRという機能によって夜景の光がシャープに撮影できます。

galaxynote9-01

Sペンで遠隔撮影ができる

自撮りする時はスマホ片手に撮影するか、タイマーで撮影するかの2択でしたがnote9のSペンはリモコンになります。Galaxynote9を離れた所に置いて画面を確認しながらSペンでカシャってな感じです。

インスタやっている人には重宝しそうな機能です。

4,000Ahバッテリー容量は危険?

note8のバッテリー容量3,300Ahからnote9では4,000Ahに増量。1日中動画、ゲームをできるとうたっています。また急速充電で約2時間でフルチャージできます。

しかし、Galaxynoteで心配されるのはスマホの発火です。4,000Ahに増やしたことが原因かは分かりませんがニューヨークでGalasynote9が発火した事件が発生しています。

発火件数が多くなれば、note8で取り戻した信頼をnote9で無くしてしまうかもしれません。

note9を買うよりもnote8を安く買うべし

暗いところでも明るく撮影できるの魅力的です。でも、ミラーレス/一眼レフと比べるとどうしても見劣りしちゃいます。旅行、運動会などの大切な場面はやっぱカメラ持ってきますしね。

バッテリー容量も発火の危険を感じてまで4,000Ahにこだわる必要ないと思います。note8でも充電結構持ちますよ。

結論、販売価格が安くなったnote8を買う方が賢い選択。という事になりました。ドコモに乗り換え(MNP)で本体価格が約1万円です。

note9がどうのこうのと言うよりもnote8が素晴らしいスマホなんです。

【編集後記】

iPhoneもそうですが、新機種よりも旧機種の方が販売数多くなる傾向です。メーカーとしては新機種を投入して売り上げをあげるのは当然だと思いますが、もう少しワクワクするような機能が欲しいところです。

現在メーカー各種は二つ折りスマホの開発を進めているらしいですが、微妙な予感しかしません。Galaxynote8とは長い付き合いになる予感。

Sponsored Link